日々読んでいる本の紹介をします。

  

Posted by at

2008年10月30日

ビジネス書を読む前に!

…概要…

最近、ビジネス書を読む人も多いでしょう。
反面時間のなさでビジネス書を読めない人も多いでしょう。
そういったことを解消するために書かれた本です。
本をただ読むだけではなく、本を読んでその後自分のライフワークにどう活かすか。
こういった内容が書かれています。
ごく当たり前にして習慣化することを提唱している本です。

こういう事で悩んでませんか?
・買ったのに最後まで読めない
・本をどう活かせばいいのか、効果を見いだせない
・自分の読んだ本を他の人に紹介をし、より一層の自分の理解にする

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
藤井 孝一

日本実業出版社 2008-10-23
売り上げランキング : 100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書を手に取った時に躊躇しました。
「内容」を読むまでは躊躇です。タイトルは本の書評等が主なのかと思ったからです。
しかし、やはりビジネス書というものは自分の中で重要なものを吸収したいと思う訳です。
私もその一人です。

速読をする訳ではなく、自分の中で要点をまとめるということを重要としています。

少し脱字が気になるところですが、素直に実行する事が出来る内容ですね。
また、専門書以外にも使える本かと思います。
私は全て読み終えましたが、最初から最後まで本を読まなくていいのかと納得しながら見てました。
確かにそうだと思うのですが、
ビジネス書に投資している感覚を養う
形ですね。

おすすめ度
★★★★☆  


Posted by サカモト at 14:49Comments(0)ビジネス書

2008年10月30日

ジュンク堂編

いつも、天神に行くと本屋巡りをする確率が高い訳ですが、
ビジネス書、芸術書を買うことが多いです。

ジュンク堂に本屋巡りをするときは、
必ずといっていいほど行きます。
全ての専門書が充実している感じがします。
しかし、ここ数ヶ月で、ディスプレイを変えたようです。
レジが入り口付近に来て、新書がどこにあるかわからなくなりました。
新書でおすすめが何故か奥に置かれるようになりました。
正直面倒臭いなと‥‥
最初に一応新書でどういった本が出ているのか確認するためにいつも見に行っていたのですが、
奥まで入るのが面倒です。確かに芸術書を見に行くついでと考えたら、
降りる時にでも見れるのでしょうが……。
恐らくレジが入り口付近になったのは、万引きが多かったのではと憶測をたてたりしてます。

また、webデザインは確かに「コンピュータ」の中に入ってしまうのでしょうが、
正直、webデザインの専門書は芸術書の近くに置いておいてほしいです。
私たちは多くのジャンルに関わります。
多くのジャンルに関わるので、webデザインの専門書だけを読むわけではないのです。
確かに「コンピュータ」は「コンピュータ」なのですが、
多くの紙媒体のレイアウト書等も見たりします。

やはり、DTP等も今ではPCで作成することが多くなってきたと思うので、
ジャンルとしては難しいと思います。

しかし、やはり、全体的に見にくくなったかなと思ってしまいました。

それでも、書籍の量や質等を考えたらジュンク堂に行っちゃうし、
本のデパートのように、様々なジャンルを一括して買えるのもとても有り難いのは事実です。
これからも、きっと行くでしょう。。。

後ジュンク堂の利用の仕方ですが、
検索して商品に関する内容がプリントアウト出来るのもまたいいですよね。
いつも、買い切れない場合、プリントアウトして手帳に入れています。
プリントアウトしたものに数字で優先順位をつけるのもまた買いやすくなるかもしれないですね。

本離れが続いていると言われてますが、本屋に行くと「本当にそうなのか?」と思ったりします。
インターネットというものの便利さと別の便利さが本にはあるものです。  


Posted by サカモト at 14:33Comments(0)書店

2008年10月30日

はじめまして。

はじめまして。と言っても、webデザイン奮闘記というブログを運営しておりますが……。

そこでも書籍に関することを書いたりしておりましたが、
定期的に本を読んでいるので、こちらでまとめておきたいと思います。
「買う前の書籍」に関しては書かないと思います。
「買った後に読んだ本」をメインにこちらに書きたいと思います。

わかりにくい表現も多いかもしれないですけど、頑張って書きたいと思います。  
タグ :書評読書


Posted by サカモト at 14:14Comments(13)ごあいさつ